この前、読書しました。その1 ~『スゴい早起き』~

日常

こんにちは。Ryneです。
10月になりましたね。まだ日差しが強いものの、風や雲の流れがどことなく秋の雰囲気を感じます。
特に朝は結構冷える感じがするので、体調を崩さない様に気をつけたいです。
そして本日10月2日は私の誕生日でした。Twitterでいいねやお祝いメッセージをくださった方、本当にありがとうございました!とても嬉しかったです(*^ ^*)
これからも頑張りますので、よろしくお願いします。

さてさて、今日は前回の記事でお話しした、早起きを始めたばかりの時に読んだ本の感想をお話していこうと思います。 (ちょっと書くのが遅くなってすみませんでした…)
購入した三冊は全て読み終えたので、一つずつ読んだ感想を綴っていきますね。

なお今後、途中で違う内容の日常記事や別カテゴリの記事も書いてしまうかも知れないです。
のんびりマイペースな感じに進めていくつもりです。ご了承くださいませ…。
それではご紹介させていただきます!

まず最初に読んだ本はこちらです!↓

『スゴい早起き』(著:塚本亮 すばる舎)
下にAmazonのリンク貼っておきますね。

これは私が早く起きたくてなんとなくで買いました…単純ですね、自分(笑)

読んだ感想ですが、まず本自体が読みやすかったです。
そして丁寧に早起きのコツが書かれているなぁ、と感じました。
私はそんなに本を読まないのですが、この本は面白くてすぐに読み終えてしまいました。

また、内容についても「なるほど!」と納得するものばかりでした。
特にそう感じたのは、“「早く起きなくちゃ!」と意識しすぎないほうが早起きはうまくいく”という内容です。

“明日は早く起きなければならない”という緊張やプレッシャーを自分にかけていると、気分が下がり、かえって早起きが出来なくなって翌日つらい朝を迎えてしまうことがありますよね。
そういう考え方を持つよりも、次の日に取り組みたい楽しみを思い浮かべながら眠りにつくと、早起きが出来る確率はぐんと上がるんだそうです。(子どもの遠足や旅行も、これに当てはまるのかな?)
“起きないといけないなぁ…”という苦痛になってしまう様な意識を減らし、“明日はあれが楽しみだから早く起きたいな♫”という楽しみを持つ意識を増やしていくことが、日常の早起きへの近道なんだそうです。
そして楽しみを持つ意識を増やす具体的な方法も本にしっかりと書いてあったので、そこのところも安心して読みことが出来ました。

何より個人的に「あ、実践したい!」と思った内容が多く、実際に読み終えてからは、朝活の為に本に書いてあったことを少しずつ日常に取り入れています。
どれもすぐに始められる内容だったので、無理なく翌日の早起きに繋げることが出来た気がして嬉しかったです。「この本、買って良かったなぁ!」と素直に感じました。
どんな内容か気になった方は、実際に読んでみることをオススメします。
(これ以上、本の良さを伝えていくとネタバレになってしまう気もするので…汗)

ちなみに早起きと話はそれますが、本の中で時々挿絵?で出てくる、棒人間っぽいイラストがちょっと可愛いと思いました(笑)
漫画などの人間イラストも私は好きですが、こういう本の場合はシンプルに記憶に残りやすい絵の方が良いんだろうなぁ、と感じました。イラストデザイン考える人ってすごいなぁ…。(しみじみ)

この本は既に二回読み終えています。
早起きの知識をもっと定着させたいなと思っているので、もう何回か読むつもりです。
「朝活してみたいなぁ、でも出来るか不安だなぁ…」という方は読んでみるといいかも知れませんね。

ということで一冊目の本の感想でした。
二冊目は次回以降に書くので、そちらもお楽しみに(^ ^)

最後までお読みいただきありがとうございました。
それではまた…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました